ブラジルの大学がHIVワクチンを開発、年内にサル使った試験へ

Attention: open in a new window. PDFPrintE-mail

【8月6日 AFP】後天性免疫不全症候群(AIDS、エイズ)を引き起こすヒト免疫不全ウイルス(HIV)のワクチンを開発したブラジルの研究チームが、年内にサルを使った試験を開始する予定であることが、研究に出資するサンパウロ州研究財団(FAPESP)の発表で5日、明らかになった。

 

http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2960397/11140328